信じられないことが起こった話

 先日オーラスを迎えたJUMPアリーナツアー。

私は全滅で今年はJUMPに会えないのか…と諦めておりました。

最強に格好いいミルクティー裕翔くんを生で見れないのは本当に残念。

 

 そんな私に起こった奇跡。

制作開放席が当たった!

 

ほんとに運を果たしすぎてこれからは悪いことしか起きないんじゃないかと心配になるくらいです。

制作開放席案内のメールが来てから色々な方のブログを検索したので、私も少しでもお役に立てれば。

 

忘れもしない10/9、月曜日(この時点で公演5日前)

12時頃1通のメールが届きました。

宛先を見て『あー、いつもの事務所からのお知らせメールね』と思いながら開いてみるとびっくり。

制作開放席販売のお知らせ

噂は聞いていたけれど、まさか自分の身に起こるなんて思っていなかったので本当にたまげました。

落選者全員に届くわけではないというのは知っていたけれど、それでも『会場の近くに住む人なら殆ど届いているんでしょ』と思っていました。

でも、同じく落選した姉に聞いてもメールは来ていないとのこと。

ただ事ではないことが起きている!

そこからはソワソワしっぱなし。

Twitter等で制作開放席について検索しまくりました。

過去の傾向から見ると、制作開放席のメールが来た人は当選している人が何となく多いイメージ。(あくまでも通常のツアー当落と比較してという話。感じ方には個人差があります)

でも、Twitterみるだけでも、結構な人数に制作開放席メールが来ているようにも思う。

先が読めない。どうしたらいいのかさっぱりわからない。

メールをよくよく読んで私なりに対策をたてることにしました。

 

<制作開放席について>

・1人or2人での申込、2人の場合は同行者を決めて申込む。席が離れることもあり

・10/14、10/15の1部・2部いずれか1公演のみの申込

・クレジットカードでの支払い

・当選したらデジチケ(QRコード)での 入場となる

・申込は10/10~10/12まで。10/13夕方以降に当選者呑みたくないメールが来る。Uページでも確認できる

・会員証と本人確認できるものを持参

 

私の場合もともと1人で参戦予定だったので問題なし。

コンサート期間は大きな用事も入れていなかったし、幸い偶然にも夫が子ども達を見てくれるシフトになっていたため直前にコンサートに行けることになっても問題なし。

問題は日程でした。

もちろんオーラスに参戦したいけど他公演より倍率が高そう。色々悩んで10/15の1部に申込むことにしました。

そこからは当落までは気が気じゃありませんでした。

2度の落選を経験するとなるとダメージが半端ないため期待しすぎないように自分に言い聞かせます。

当落日は午後から仕事が手につかずスマホを気にしてばかり(駄目社会人)

他Gだと17時頃に当落がわかる場合もあったそうで、何度もUページにアクセスしてしまいました。

そして18時を回ったころ、Uページにアクセスし抽選結果を見るとQRコード表示の記載が。

最初は当選の文字がないので訳がわかりませんでしたが、しばらくすると当選メールが送られてきました。

叫ぶ私。びっくりする夫と子ども達。でも、みんな喜んでくれました。

こうして私のJUMPアリーナツアー参戦がギリギリながらも決定しました。

 

そして公演当日。

今までの制作開放席の場合は開場時間より早めに別入口に召集がかけられて厳重な本人確認が行われたそうですが、今回は開場時間と開演時間の記載しかありませんでした。

11時開場でしたが前日10/14では入場トラブルもあったみたいだし、グッズも買いたいし早めに行こうと思って8時半に家を出ました。そして9時半前に会場到着。

グッズ列全然並んでない…

すぐグッズを購入出来たため時間をもて余しウロウロする私。

(嵐のドームコンの感覚が抜けないため交通機関やグッズ販売の混雑を見積もりすぎた私の誤算)

ようやく開場時間になったため入口を探しますが立ち見席の看板はあっても制作開放席の看板はなし。

係の人に聞いてみると通常の紙チケット(今回のJUMPの公演は紙チケットにQRコード記載)の人と同じ入場ゲートでいいとのことでした。

回りが紙チケットを出すなか私はデジチケを提示しQRコードをスキャンしてもらい座席番号の書いてあるチケットをもらいます。

座席はメインステージ真横の所謂見切れ席でした。

ステージに向かって左側の席だったんですが私の左にも後ろにも座席のない、正真正銘の端っこでした(笑)

でも、制作開放席申込の案内にも『見にくい席だよ(意訳)』という案内があったし、ネットで情報収集しても見切れ席の人ばっかりだったし想定内。

むしろ、周りに人がいないから気を使わなくていいし、何より一度落選を味わっているので『どんな席でも有り難く参加させて頂きます』といった心境です。

 

実際にコンサートに参加してみての感想は『制作開放席ありがとう』でした。

見切れだからメインステージのモニターは全く見えないし、メンバーの横顔若しくは後姿がメインです。

でも今回のステージ構成はアリーナ外周があったから近くまでメンバーが来てくれたし、スタトロも結構近かった。

何よりスタトロ乗り場が劇近だったため、アンコール前にメンバーがスタトロに乗り込む貴重な姿が見られました。

本当に大満足です。 

メインステージで踊る裕翔くんの横顔、ドラムを叩く裕翔くんの横顔を一生懸命眼に焼き付けました。本当に幸せ。

ただ、唯一の心残りは裕翔くんはスタトロではなくアリトロだったこと。

せっかくだったら裕翔くんがスタトロに載る公演に申込めば良かったな~とちょっとだけ思いました。(強がっていますが本当はかなり後悔したのはここだけの話)

 

以上が私の制作開放席レポです。ちゃんちゃん。

でも、実はもう1つ奇跡が起こったのです…つづく。(無意味な煽り)

 

 

 

 

 

Still…

嵐のアルバムのクレジットが発表されました。

今年のアルバムの目玉はユニット曲。

にのあいスキーの私はUBがどんな曲なのかばかり想いを馳せていましたが、

もうひとつの櫻葉+リーダーのバズりNightも密かに気になっていました。(ユニット表記が相葉さん中心すぎるのは自覚しています)

そんなバズりNightの作詞作曲、

多田慎也さんだと…!

多田さんの楽曲が好きという嵐ファンは多いと思うけれど。

例にも漏れず私も多田さんの関わった楽曲が大好き。

多田さんが音楽作家デビューを果たした『いつまでも』はAAA+inDOMEのDVDで何度もリピートしたし、

マイガール』は相葉担にとっては自担の初主演ドラマの主題歌であり思い入れの深い曲である。

『風』は毎年夏になったら聞きたくなるメロディーだし、

『虹』は二宮さん担でなくても心に染み入る曲だと思う。(語彙力の無さが悔やまれる)

何といっても『Still…』、私が初めて嵐の楽曲にのめり込んだ曲である。

言葉より大切なものやラブソー、Happinessなど、その時々で惹かれる曲はあったけれど、

Still…を聴いたときの衝撃を上回る曲は無かったと思う。

爽やかだけど切なさもあるメロディーに胸を締め付けられるような歌詞。

思わず口ずさみたくなるような曲ではなくて、染々聞き入ってしまうような曲。

『Still…』を初めて聴いたときはまだ嵐のファンクラブには入ってなかったけど、この曲きっかけで嵐の楽曲のファンになったと言っても過言ではないかも。

AAA国立DVDの『Still…』は夕暮れの空と相まって本当に心を鷲掴みにされたのを覚えている。

私のジャニオタとしての原点の曲って何だろうと考えた時にすぐ『Still…』を思い付いたので、このblog名にもさせてもらいました。

 

多田さんの作る曲って本当に素敵です。

いい曲だな…と思ってクレジットを見たら多田さんの名前がある。

先程も言ったんだけど、爽やかさの中に切なさがある感じ。

『今が楽しい!幸せ!』っていうよりは、過去を思い出して懐かしむんだけど最後は前向きになるような、そんなイメージがあります。

そういえば、AKBに全然興味が無かったのに『ポニーテールとシュシュ』を聴いたときにこの曲好き‼ってなって、作曲のところに多田さんの名前があったときは本当にびっくりしたなぁ。

 

長くなってしまったけれど、そんな多田さんが久々に嵐の楽曲に関わったバズりNight、否が応にも期待が高まってしまいます。

『楽しいことがやりたい』というところから始まったとのことなので、そこに多田さんがどう絡まっていくのか本当に楽しみ!

   

そしてHey!Say!JUMPよ。

ETERNALはいつライブで聴けるのでしょうか?

去年のDearコンでセトリ落ちしたときの落胆は今でも忘れられません。

せっかく多田さんが作ってくれた、王道の多田慎也節の名曲をアルバムツアーで披露しないなんて正気の沙汰とは思えません。

KOSEのタイアップもついてたのに。スポンサーに悪いとは思わなかったのか。(何目線かわからなくなってきた)

今後いつかETERNALが披露されるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

祝 ベストジーニスト受賞

裕翔くん、遅ればせながらベストジーニスト受賞おめでとう!
f:id:kinako31-16:20171005021001j:image

裕翔くんが欲しがっていたベストジーニスト賞、ようやく1位になれましたね。

私も陰ながら投票して応援してました。嬉しい!

夕方のWSは録画出来ませんでしたが、翌朝無事録画出来ました。(天気予報で居住地バレますね。それにしてもここ最近の北国の寒さよ…。)

いやー、裕翔くん格好いいです。

アッシュな髪色+眼鏡+スタイルのよさ=イケメンモデル裕翔くん

今までと違う裕翔くんの1面を世にアピール出来たのではないでしょうか。

ジーンズの着こなしも品があって素敵。

ターンも菜々緒ポーズも素敵でした。

欲を言えば今度は黒髪裕翔くんの受賞の様子も見たいので、目指せ殿堂入りですね。

裕翔くんも狙うと言ってますし、私も裕翔担として布教活動頑張ります。

裕翔くん本当におめでとう!

 

UB

嵐のアルバムのユニット曲の組み合わせが発表されました。

にのあい‼

興奮して小躍りしてしまいました。

相葉さんとのコンビの中でもにのあい大好き。あの幼馴染感がたまらない。

二宮さんのTOPぶりには頭が上がりません。

こうなると、にのあいユニット曲をどうにか生で見たい!俄然ツアー当落発表が待ち遠しくなりました。あぁ落ち着かない。

私名義は2年続けて落選。今年はJUMPも落選だったし、今年こそは当たりますように。

 

完全に虜だよ

Mステウルトラフェス、終わってしまいましたね。

今回のウルトラフェス、私は並々ならぬ気持ちで挑みました。

なぜなら、巷で噂の『ミルクティー裕翔くん』を見たかったから。

コンレポで裕翔くんの髪色がブルーアッシュ→ミルクティーアッシュになっているという情報を入手。

私は基本黒髪・前髪ありの裕翔くん推しなのですが、今回のブルーアッシュ・ミルクティーアッシュの裕翔くんが大層格好いいと聞いたため確認すると、あまりのイケメンぶりに腰を抜かしそうになりました。

横アリにDVD収録が入るかなーと思っていましたがドーム公演が発表になって横アリで収録が入った噂は聞かないし、チケット全滅して生裕翔くんを見れない為この機会を逃すとミルクティーアッシュ裕翔くんは見られない!

そのため、ウルトラフェス開始後は家事・育児は夫にお任せしてTVにかじりついていました。

裕翔くんが写った瞬間は絶句した後叫んでしまいました。

裕翔くんがイケ散らかしている!
f:id:kinako31-16:20170923070646j:image

完全に虜です。

どこかの国の王子様みたい。もしくは貴公子。

色が抜けたのかミルクティーアッシュというよりは金髪に近いような気がしましたが、何と品が溢れる髪型なのでしょう。

前髪ありが好きといいましたが、今回の髪色は前髪長めのサラサラストレートがお似合い。

しかも、今回のMステ裕翔くんが抜かれる場面が多くなかったです?

裕翔くんソロの場面だけでなく、いつもだと他のメンバーが抜かれるような場面でも映っていたような。ほんとに眼福です。

 

ドーム発表になりましたが、北国在住の子持ちには遠征は難しいので申込すらできません。しかも、真冬なので飛行機飛ばない可能性もあるし。

今回は諦めて、来年のツアーは行けるといいな。

裕翔くんを拝みたい気持ちが高まって、しばらくはウルトラフェスと横アリWSのバックスタイル(筋肉美…)をリピする日が続きそうです。

 

 

自担を飼いたい話


f:id:kinako31-16:20170913180819j:image

私の好きなTV番組の1つに、NHKねほりんぱほりんがあります。

先日のスペシャルの録画をようやく見たのですが、テーマが『ヒモと暮らす女』でした。

見終えた私が思ったこと。

 

裕翔くんをヒモにしたい

 

今までは裕翔くんのかっこよさ、可愛さ、天真爛漫さに悶えることはあってもリア恋枠ではないというか、(そもそも既婚だろ、私)自分とは別次元の存在でした。

ただ、裕翔くんの夢を見てから自担の妄想が幸せであることに味をしめた私。

 

kinako31-16.hatenablog.com

ここにきて妄想大爆発。

以下私の妄想です。長くて細かいですので要注意。

(裕翔くんは真面目だからヒモになんてならないとか、裕翔くんのお母様が許すはずがない等は充分存じております)

 

設定としては裕翔くん24歳、私32歳くらい。 私の現年齢にすると一回り以上年上になってしまうので8歳差くらいにしておこう。

裕翔くんはカメラマン志望。でも、なかなか芽が出ず仕事はカメラマンとしての仕事はほぼ無い。時々、現場でモデルとして働いて(本人としては不本意)僅かながらの収入を得ている。

 

出会いはどういうのが良いかなぁ。

家の前に倒れてる裕翔くんを拾うのもベタでいいけど、『この人ならチョロそうだから養ってくれそう』と裕翔くんに冷静に値踏みされたい。

同僚の結婚式の帰りに一人で寂しく飲んでほろ酔いになっているところに、

『お姉さん、僕を養って』と言われたい。

後日何で私に声をかけたのかソワソワして聞いたら

『ドレスアップして引出物の紙袋持ってどう考えても結婚式帰りの女が一人で飲んでたからさ。友達も彼氏もいない寂しそうな人だから俺のこと養ってくれそうだなぁと思って。』 

とバッサリ斬られてうちひしがれたい。

 

実際一緒に住まわせてみたら何でもすると言っていたくせに家事はやったことがないことが判明。だって、実家ではお母様が完璧にこなしていたし、前の飼い主さんや彼女は裕翔くんに色々尽くしていたから。基本お坊ちゃん育ち。

フライパン焦がしたり洗濯機から泡止まんなくなったり(現代の洗濯機でそんなことが有り得るのかは不明)ドタバタしている裕翔くんをみて、ため息つきながらも『できない子ほど可愛い』を噛み締めたい。

結局家事は私がやることになって、何が食べたい?って聞いたら『子羊のコンフィ』とか言われて、えっ…てなりたい。

仕事が忙しくて納豆ご飯とかラーメンとかが続くと、『仕事が忙しいからってこの内容はどうかと思う』『炭水化物ばっかりじゃん。野菜とらないと』『肉食べたい、肉‼』とか言われて、『じゃあ、自分で作りなさい』って私が怒って裕翔くんがシュンとするまでが1セット。

でも、あまりに料理の手抜きが続くと『もっと美味しい料理を作ってくれるお姉さんの家に引っ越そうかな…』って冷たい顔で言われて、『私、料理頑張るから‼ちゃんと作るから‼』って懇願してすがるところまでが1セット。

 

私が疲れているのを察知して、たまに私が仕事中に掃除したり洗濯物畳んでくれたりする裕翔くん。誉めてほしいけど自分からはアピールできなくて、私が気付いて『裕翔くんえらい~』『ありがとう、助かる~』と誉めると見えない尻尾をぶんぶん。あー、考えただけでにやける。

でも、洗濯物畳んだときに服とか下着とかも見られて『このトップスにどうしてこのパンツを合わせようと思ったのかわからない』『めんどくさがってブラトップで済ませるとか女の子としてあり得ないから。無い胸が垂れるよ』とかマジレスされたい。

 

一緒にドライブとか旅行とか連れていってもカメラに夢中で私なんてそっちのけな裕翔くん。でも、裕翔くんが楽しそうに写真を撮っている姿が可愛くてずーっと見ていられます。

『新しいレンズが欲しいんだよなぁ。あれがあればもっといい写真が撮れるのに』って言われて値段を聞くと『25万』と笑顔で答える裕翔くん。『でも、やっぱり高いし無理だよなぁ』って急に塩らしくなるから頑張ってお金を渡す私。『これでいい写真とって○○ちゃんに恩返しするからね。待っててね。』とか言われて健気に裕翔くんの夢を応援。ただし、裕翔くんがそのお金で実際にレンズを購入したのかは不明。

 

裕翔くんとの生活も長くなって先行きが見えないことに私が不安になって裕翔くんに当たってしまう。

『フラフラしてないで、いい加減自分で稼いで自立しなよ。私のこと当てにしすぎだよ。』って怒ると、『…○○ちゃんと俺の関係からお金を取ったら何が残るの?』って静かに冷たく言い放って出ていってしまう裕翔くん。それから裕翔くんは私の所には戻ってこなかった…

 

裕翔くんをヒモにする妄想はバッドエンドしか見えてこないけれどとっても幸せです。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家のジャニオタ達

私には二人の子どもがいます。

小学校低学年の息子と幼稚園児の娘で二人ともジャニオタです。

息子は山田担・相葉担、娘は伊野尾担・大野担です。流石私の子ども。

胎教からジャニーズを聞いていたので、なるべくしてジャニオタになったのでしょう。

 

子どもが産まれた当初は子どもの前ではジャニーズを見ない・聞かない日々でした。

CDも子どもを送り終えた通勤の時間に聞くだけだったし、番組の録画やDVDは子どもが寝てからひっそり見るだけ。

どうしても子どもがいるとTVはアニメやEテレ系ばかり。でも、それが当たり前だと思っていたので特に辛くはありませんでした。

ただ、歌番組だけは録画しててもリアタイで見たいのがジャニオタの常(ですよね?)

最初は嵐が出るときだけMステを見てキャーキャー騒いでいました。

子どもの凄いところは親の好きなものに対して好奇心が旺盛なこと、そして情報の吸収力。

何度か見ただけであっという間に『このグループが嵐であること』『母が好きなのは相葉くんであること』を理解し、そして興味を持ちはじめました。

そしていつの間にかTVに嵐が映ると『嵐だよ~‼』『相葉ちゃんだよ~‼』と教えてくれるようになりました。

CDもアルバムが出ると子ども達がいても時々車内で聴くようになると教えてもいないのに『これ、相葉ちゃんの声でしょ』と聞き分けるようになりました。

恐るべし子どもの能力‼

 

徐々にジャニーズを子ども達に解禁すると、自然に担当が出来ていました。

母がJUMPに堕ちると子ども達も当たり前のようにJUMPに堕ちました。

9人いるので声の聞き分けは難しいかと思いましたが、それぞれ自担の声だけは聞き分けられるようです。

今では立派なジャニオタです。

下の子の方がハマっているかな?やっぱり女の子だもんな~。

 

そこで問題になってくるのがコンサート問題。

 

ずいぶん前から嵐のコンサートに一緒に行きたがっていましたが私が許していませんでした。

ドームの行き帰りの壮絶な混雑はまだ子どもには耐えられないと思ったし、

何より子ども達がいると私が集中できないと思ったからです(←酷い母。だって途中で『トイレ行きたい~』とか言われたら本気でキレると思う)

しかも、チケットとれないし。

だから、小学生にならないと行けないんだよ~等と適当に誤魔化していました。

 

ただ、JUMPはアリーナなのでドームほどの混雑はない。

そして、子ども達もだいぶ大きくなってきた。

子ども達も母にならってJUMPに気持ちが傾いているので『今年は子ども達もJUMPコンに連れて行きたいな~』と思って楽しみにしていました。

でも、皆様ご存知の通り会員数の増加+今年はアニバコンでそう簡単にはチケット取れず。

子ども達と参加するどころか、全滅のため今年はJUMPに会えないことが決定。

いつかは子ども達と一緒にJUMPに会いに行くことが私の夢でございます。

 

ちなみに夫。

私が嵐にハマってからはDVD観賞に無理やり付き合わされ、いつの間にか嵐に詳しくなりました。

私がJUMPに堕ちてからはJUMPに詳しくなりました。

ただ、JUMPは積極性があるんですよね。

『圭人、髪の色変えてかっこよくなったね』

『薮、ドラマ決まったんだね』

等自ら情報を仕入れてきます。(メンバーを呼び捨てにしている件はご容赦下さい)

最近では何と『俺、JUMPのコンサートなら行ってもいいな』と上から目線の報告まで。(←そんな奴へのチケットなど無い‼)

今までいくら誘っても嵐のコンサートは行ってくれなかったのに‼

JUMPの魅力に家族中が引き込まれています。

 

いつかは家族四人で参戦できますように…

(そしたら、全員分のうちわ作りで嬉しい悲鳴だろうな)